Atradium

CC-LICENSE BY-NC-SA クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
copyrights 2012 Atradium
タグで文献を検索
〔会話〕

ハナの古語

ベイクド=ムシュー地方の遺跡から出土した、クォックバーンと呼ばれる板状の物体から、とある方法で「音」を抜き出すことができることがわかった。
この音はクォックバーン表面の白い幾何学模様に沿って取り出すことで、ある特定の法則に基づく波長を持つことまでわかり、文字・音ともに現地の方言で「懐かしさ」を意味する「ハナ」からとって「ハナ語」または「ハナ古語」と命名された。
ここでは今回取り出された「音」について触れる。

「ハナの古語」の続きを読む

1 / 11